スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

GSX-R1000 turbo ベアリングターボ用オイルライン

こんにちは

今日は、ボールベアリングTURBOのバンジョーボルトについて書きます。

GSX-Rで使用しているダブルボールベアリングTURBOはバンジョウボルト(オリフィス)にてだいたい2.5kgf/cm2以下になるように油圧の調整をしています。
だいたいOILの流量が1分間に800cc位だそうです。

そこで現在、使用しているバンジョウボルトはしたの写真のタイプです。
バンジョウボルト

このバンジョウボルトの穴が小さく(内径 約1mm)ごみ等で詰まりそうでタービンを壊す原因にも成ります。
下の写真でも解る様にOILラインがエンジン側に穴の小さいバンジョウボルトが付いているのでチョッと心配になり、今まで使っていたフィルターを加工してみました。

GSX-R1000  TURBO OILライン

分解すると!
TURBO用オイルフィルター

中からフォルターが出てきました。
フィルター内

フィルターを取りその奥にジェットが付くようにタップを立て
IMGP1472 (中)

これが今回、使用するキャブレター用のジェットです。
IMGP1474 (中)

ジェットを組み付け完成!
ジェットの取り付け

GSX-R1000 TURBO用オイルライン

これで、後はOLIの圧力とOILの流量等をチェックして完成!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

2012-04-01 : PARTS情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

cycletech

Author:cycletech
CYCLE TECH Racing のブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。